失恋

恋愛を怖いと感じるあなたへ!本当に怖いのは恋愛をせずに逃げた3年後の自分

恋愛を怖いと感じるあなたへ!本当に怖いのは恋愛をせずに逃げた3年後の自分

恋愛を怖いと感じるあなたへ!本当に怖いのは恋愛をせずに逃げた3年後の自分

傷ついた心を癒すには時間が必要です

傷が癒えるまでの時間は、傷ついたことの深さによって癒える時間も異なります

ずっと、忘れることができないほど、傷ついて、恋愛に一歩も踏み出せない時、どうしたら良いか分からなくなりますよね

恋愛が怖くなって「もう誰も好きならない」「これからは、1人で生きていく」なんて考えてしまったり、傷ついた心の傷が深すぎて、恋愛を遠ざけてしまいたくなる気持ちも分かります

ですが、本当に怖いのは傷に蓋をし、恋愛から逃げて、傷を抱えたまま何年も経過してしまうことなのです

沢山傷ついて、今はすぐに次の恋愛に進むことができないかも知れませんが、必ず立ち直ることができます

あなたが、傷を癒し、幸せな方向へ向かう為に、どうして行くべきなのかを、一緒に考えていきましょう

恋愛が怖いとしても傷に蓋をして恋愛を絶対に避けてはいけない理由

人は年齢を重ねるごとに、周りの環境も友人も変化していきます

女性の場合は、結婚や出産で大きく環境が変化して、親しかった友人と合う機会も減ったり、生活の違いから、お互いの話す価値観も変わっていきます

あなたも、年齢を重ねるごとに、周りの環境に変化が現れ、今よりもっと、寂しいという気持ちが大きくなってくる筈です

多くの女性は、年齢を重ねて、回りの変化や自分の年齢が上がるにつれて、徐々に結婚を意識し始めて、そこから動き出します

しかし、恋愛を怖いと感じて動けずにいたあなたが、そこから傷を癒し始めて、恋愛に向き合ったとしたら

傷が残ったままのあなたでは、怖さから男性に心を開くことができず、動き出すまでに時間がかかったり

素敵な男性と出会えても、そのチャンスを逃してしまいます

いずれ、恋愛経て、幸せな家庭を築きたいと願ってる女性にとって、恋愛が怖いからと「男性を避けて過ごしている」ことが、どれほど、損をしているか考えたことはありますか?

あなたが好きだと思う男性と出会って結婚したいと思ったとき、キレイごと抜きで「年齢」がとても大きく関係してきます

多くの女性は、結婚を真剣に考える年齢になる頃に、この厳しさに気が付きます

30代の女性の場合は、20代の男性から選ばれる可能性は低くなり、30代の男性の中から自分の条件に合った男性を探す機会が増えます

20代前半の女性なら、20代~30後半までの男性から選ばれる可能性が高く、あなたが、若ければ若いほど、自分で選ぶことができる男性が多いのです

例えると、20代が100人と30代が100人の男性がいたとして、この中から運命の相手を選べるとした時に、あなたが20代なら200人から選ぶことができますが

30代になると、その半分の100人の中からしか選べなくなってしまうという事です

現実的に、女性は年齢が若い10代や20代では、同年代の男性や20代や30代の男性と付き合う機会が多いですが、20代後半からは、自分より上の男性との恋愛が増えていき

結婚に繋がる男性となると、女性が20代後半なら、30代の男性の中から選ぶ比率が高くなっていきます

女性は男性の経済力、容姿、性格、年齢などを重視しますが、男性は経済力を女性に求めない代わりに、女性へ容姿や若さを求める比重が女性より大きいのです

経済力が高く、容姿や性格が良い20代や30代の男性は、女性からも求められますので、あなたの年齢が上がるにつれて、条件が良い男性への競争率は高くなっていきます

恋愛において、女性のアドバンテージは、若さが大きく占めていることを、若いうちから知っておく事はとても重要なことです

恋愛で傷ついたり、人と関わることが苦手になって、恋愛をしたいと思っていても、一歩が踏み出させない時期は誰もが経験します、ですが

あなたを幸せにすることができるのは、あなたしかいないのです

あなたが、素敵な男性と出会って、結婚し、家庭を築きたいと願っているのなら、今、恋愛に一歩踏み出せないことを、未来のあなたが必ず後悔します

恋愛において「今」というこの一番若い時期が、あなたにとって、良い出会いを得る最大の武器なのです

恋愛が怖いからと、動けないでいることが、本当に一番怖いことなのだと知ってください

若さの重要性に気づかないことは、あなたと運命の男性との出会いを、自ら失わせているのと同じなのです

失恋して辛い経験をしたり、人と関わるのが苦しくなってしまうこともありますが

恋愛が怖くなったり、人と接することが怖かったとしても、進む方向さえ間違えなければ

あなたも必ず恋愛への一歩を踏み出すことができます

恋愛を怖がって立ち止まってしまわないで、しっかりと自分の目を養いながら、男性と関わっていく姿勢を持ち続けることが

立ち止まって過ごし続ける未来より、きっと幸せな未来に近づきます