依存

恋愛で依存する女性は幸せになれない理由、原因、克服方法とは?

恋愛で男性に依存する女性は幸せになれない理由とは?

恋愛で男性に依存する女性は幸せになれない理由とは?

「依存」とはあなた自身が止めたいと思っているにも関わらず、自分で止めることができない状態のことを言います

「恋愛での依存」とは、必要以上に相手のことを考え過ぎて、あなた自身の生活が手につかなくなってしまったり、失うことが怖くなり、男性との接し方を正しく判断できなくなってしまう状態のことです

男性に依存していることを自覚して自分の行動を悩む人もいますが、自分が依存していることに気づかずに、男性へ接している女性も多くいます

恋愛で男性に依存する女性が幸せになることができないのは、依存という関係性では男性から本当の愛情を得ることが難しいからです

相手のことを考えていたとしても、「依存心から相手を考えること」と「好きな相手を心から大切に思う事」とでは、全く意味が違います

「依存心からくる思い」で男性へ接し続けてしまうと、人の気持ちを正しく受け止めることができる男性は、あなたの思いが、依存からくる思いだと察知し、あなたから次第に気持ちが離れ、お互いの関係性が壊れていくことになります

本当に大切な人と長く過ごしたいと願いなら

あなた自身が「思い遣り」と「依存心」からくる思いの違いを、自覚して、依存しない為の考え方を身に着けていく必要があるのです

恋愛依存を克服する為に、あなた自身を客観的に考えてみましょう

「恋愛への依存」を克服するには、あなた自身が依存をしていることを自覚することから始めます

恋愛への依存は色々な種類があります

「精神的な依存」「体の依存」「複数の男性に依存」など、人によって恋愛を介して依存している時の行動は異なります

恋愛をすれば、精神的に相手に頼ることも、体の関係を持ち、愛情を感じることも、恋愛をしていれば普通のことです

ですが、依存する思考を持っている場合は、自分の心に空いた穴を、自分以外で埋めようとする為

気づかないうちに男性に依存し、次第に良い関係を保つための相手との距離感や接し方が正しく判断できなくなっていきます

あなたは自分の心に空いた穴を埋めるために、男性に接していませんか?

恋愛依存となる判断基準をしっかりと理解しましょう

依存している女性は、恋愛において、どこからが依存になるのかが分からず、自分が依存していることに気づいていない女性が多いのです

恋愛依存に陥っている女性の基準は大きく分けて3つあります

  1. 彼の気持ちや行動が思い通りにならないと、自分を保つことができない
  2. あなたに対する彼の気持ちが離れることが怖く、自分の意思を伝えられない(断れない)
  3. 毎日連絡を取らないと、不安になる

恋愛依存の多くの女性は自分で自覚があるなしに関わらず、この3つに当てはまります

当てはまる女性は、好きになった男性がいても、良い関係を保つことができず、最終的にどちらかの心が離れていき、別れることになります

彼の気持ちや行動が思い通りにならないと、自分を保つことができない女性

「彼の気持ちや行動が思い通りにならないと、自分を保つことができない女性」は、男性に自分のことを1番に考えて欲しい欲求が強く

男性の立場や気持ちより、自分の気持ちや行動を優先してしまう為、時間と共に男性の気持ちが離れていきます

好きな男性に精神的に頼り過ぎたり、自分の気持ちを分かって貰う為に、相手に気持ちを押し付け過ぎてしまうことを続けていては、恋愛は長くは続きません

自分の心に空いた穴を埋めるために、男性に接していないか、客観的に自分を見つめ直してみましょう

彼の気持ちが離れることが怖く、自分の意思を伝えられない女性(断れない)

「彼の気持ちが離れることが怖く、自分の意思を伝えられない女性(断れない)」は、思いを寄せている男性を失わない為に、ダメなことも「NO」と言えず、嫌なことを我慢し続けてしまいます

恋愛を長く続ける為にはお互いの過ごしにくい部分を相談しながら、過ごし易い環境を整えていくことが重要です

嫌なことを嫌と伝えることができないと、話し合いもできず、いずれ、あなたが耐えられなくなるか、男性側が傲慢になり、最後はとても過ごしにくい環境に変わってしまいます

あなたが苦手なことを伝えて、理由なく強要する男性は、あなたが一緒にいるべき男性ではないのです

嫌われることを恐れて、あなたの意思を伝えない選択をすることは

彼を今すぐに失わないだけで、時間をかけて失う未来に進んでしまうことを知ってください

毎日連絡を取らないと、不安になる

恋愛依存について、単純に連絡や会うの回数が多いから依存とはなりません

しかし、連絡を取らない状態になった時に、あなたの心にゆとりが無くなるのであれば、それは依存です

  • 心に空いた穴が原因で相手を求める
  • 心の穴を相手で埋めようとして自己中心的に行動をする
  • あなた自身の自己肯定感の低さから相手中心の行動をしてしまう

このように、心に空いた穴を埋める為や自分の自己肯定感の低さを中心として、行動をしてしまうことが依存になります

あなたの脆い部分を相手で埋めようとせずに、男性のことを冷静に考えることができる状態であれば、問題ないのです

辛いと時に支えられている状況と、常に相手で心の隙間を埋めようとすることでは意味が違うのです

3つのいづれかに、当てはまる場合は、自分を見つめ直して

あなたが相手に左右されず、自身の心をコントロールできるようになることで、末永く大切な男性と一緒にいられます

恋愛依存を克服するには

恋愛依存を克服するには、原因に合わせて解決する必要があります

  • 心に空いた穴はあなた自身で解決する
  • 自己肯定感を高める

心に空いた穴を埋めるために誰かに頼りたくなる気持ちは誰もが持っています、しかし、心に空いた穴を別のことで埋めようとしても上手くはいきません

例えば、仕事の人間関係で悩みがあったとして、その悩みを緩和する為に、別のことでストレスを発散しても仕事の悩みは消えません

依存の原因は人それぞれですが、心に空いた穴を何かで埋めようとしても歪な状態で埋まるだけで根本的な解決にはならないのです

解決するには、あなた自身心に抱えている、依存する原因を見つめなおして、過去のことなら区切りをつける

現在も継続している悩みなら、環境を変えるか、自分を変える、もしくは、自分が癒される時間を作るようにして、時間の経過と共に心が癒えるのを待つことで依存心を克服することができます

また、「自分の意思を伝えられない(断れない)」女性であれば、自分の自信が付くことを何か始めて、継続し、自己肯定感を高めることで、自分の可能性や価値を正しく認識することができるようになります

自分の可能性や価値を正しく認識することで、ネガティブな思考が緩和され、嫌なことをきちんと伝えることができる女性になります

精神的に自立している人は魅力的です

誰でも失うことは怖いですが、自己肯定感が低い場合は、特に失うことを怖く感じると思います

しかし、あなた自身が恋愛依存を克服しなければ、せっかく、素敵な男性と出会うことができても、お付き合いを継続することができずに、恋愛において幸せを掴むことはできません

あなたがこれから幸せを感じる環境で過ごす為に、改めて自分のことを見つめなおしてみてください